FC2ブログ
大学受験を控えるわけあり浪人生の日記。
たまにはピアノの話でも
2008-01-08 Tue 22:10
ベートーベンの悲愴、意外に難しいです。
こう深く昇ってくるようなクレッシェンドや和音のドーンと追い討ちをかけるような音が中々表現できません。
やっぱりどんな曲でもきちんと弾くのは難しいですね。

あとまだベートーベンの悲愴という曲がよくわかりません。
どういった感じをベートーベンは伝えたいのかまだわかりません。
左手が異様に疲れて苦手な箇所を何回も弾くのは難しいので尚更。
もっと悲愴について勉強しなきゃ。

嵐のようなイメージは湧いてるんですが過ぎ去ったと思ったらやってくる救いがたい思いがうまく表現できません。
その救いがたい思いすらイメージしがたいです。
この曲は超有名なんで聴かせるのは難しいです。。

去年弾いたブラームスはすんなり曲に入っていけたけど今回はそうもうまくいきません。

ちなみに高校から発表会で弾いた曲は高校1年がファンタジアの交響曲、二年が革命のエチュード、3年がショパンのエチュードOP10-4、去年かブラームスラプソディー二番と順調に難易度が下がっていってます(笑)

悲愴は私の中ではフラバの曲です。
第一主題がフラバの記憶。それが何度も何度もよみがえってくる。
第二主題はフラバに対する反応。狂気。それも沸き上がってくる。
どんどん膨れていって爆発する。
一旦爆発した後は悲しみを忘れさすけどフラバは続く。
結局忘れる事はできない記憶。最後の最後に爆発して自分の中の嵐の雷がなりひびく。

という解釈なんですが今のところ。明日レッスンなんで悲愴についてきいてみたいと思います。
あと左手の動かし方。
すぐ疲れちゃうからいい動かし方がないのかどうかを。
悲しみに対する感情はスピードないと表現できないし。

やっぱり難しいです。
最初は正直簡単だと思ったんですが全然簡単じゃなかったです。
というか左手鬼。保つわけないよ、あんなスピードで。
とにかく左手が保たない~!

明日は精神科です。
がんばっていきましょ~。今から親と自立支援について相談です。
スポンサーサイト




別窓 | 割と安定している日 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<精神科いってきました | In Wonderland~受験生のメンタル日記~ | のんびり>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| In Wonderland~受験生のメンタル日記~ |